練習しなくては上達しない

多くの人が、練習場でボールを打っています。
しかし、着実に上達していく人は、本当に少ないものです。

 

毎回練習でボールを打つけど、上達を実感できるまでには程遠い。
良く考えたらこの数年まったく進歩していないなんてことも多いものです。

 

こういう人は、ちょっとした練習でも、ちゃんと上達するということを理解していないのです。

 

例えば、「ワキを締める」

 

「ワキを締めたままスイングする!」という事は知っていると思います。
しかし、知っているだけではダメ、しっかりと取り組んで自分のものにしないといけません。

 

というか自分のものにしてしまうと、
自然と上達できる、いい球が打てる、きれいで無駄のないスイングができるのです。

 

しかし、1度は取り組んでも続けないので、結局自分のものにならないのです。
気持ちの中には、もっと画期的な練習方法を探していたり、もっと簡単にできる方法を模索したり、
もっとすぐに結果がでるようなものを探したりしているのです。

 

そんなに画期的な方法はほとんどありません。

 

ゴルフが上達したいなら、地道な方法が一番なのです。
小さな事、知っている事、よく聞く事、どれでもいい、どんなに小さな事でもいい、やってみる事、
そして、スイングが変るという事、ショットが変るという事を、体感して下さい。

 

今回話に出た「ワキを締める」でもいいでしょう。何回もワキを締める意識を持って練習を続けましょう。

 

続ける事で、スイングが一気に安定し無駄な動きが無くなり、新たな感覚を味わうことができるのです。
こんな簡単な事でも、続けて練習しているとゴルフはちゃんと上達するのです。

 

逆に、ちょっと試してみて上手くいかないからと、その練習をやめてしまっては、いつまでも上達しない。
もし、試してみて上手く打てないようならもうけもの。この練習で確実に上達するのだから。