谷将貴ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム ゴルフコラム■ダフリ、トップが多い場合は

 

 

ゴルフのミスでいったら、ダフリやトップを始めに思いつくかもしれませんね。

 

ダフリ、トップ

 

ドライバーでティーショットが上手く当たりフェアウェイの平らな場所から
セカンドショットを打てる、セカンドのイメージはナイスショットを打ってグリーンにオンする、
でも実際には力が入ってダフってしまったり、トップしてチョロのような当たりになってしまったりで、
ガッカリした経験は誰でもあるものです。

 

もちろん平らな場所以外でも、ダフリやトップが出てしまいスコアを崩した事はきっとあるでしょう。
本当にダフリは厄介ですよね。

 

ところで、ダフリが出る原因というのはわかっているでしょうか?

 

もちろん頭が動くとか、頭が下がるというのが大きな原因です。
だから頭が動かないように練習している人も多いですよね。

 

また、スイング中に頭が下がった事に自分で気が付いてその瞬間にとっさに調節して起き上がったりする事もあります。
これがトップの大きな原因でもあります。

 

だからトップもダフリも原因は同じだと言われる事も多いのです。

 

しかし、実は頭の上下動以外にもダフリが出る大きな原因があります。
頭の上下動よりも、こちらの原因の方がダフリが出る確率は高いでしょう。

 

その原因が「手打ち」です。

 

手でスイングをしていると、どうしても手でボールに合わせてしまうのです。
手で合わせにいくとヘッドはボールの手前に落ちる事が多くなるのです。

 

これはかなり練習しているとそうはならない人もいますが、
多くの場合、ボールの手前にクラブが下りてきてしまうのです。

 

さらに厄介なのが、その手打ちの経験が増えてくると、インパクト直前にダフリそうと感じてしまい
スイングを調節し、ボールの上を叩いてしまうのです。
そう頭が上下動するのと同じようにトップにもなってしまうのです。

 

練習場などで見ていると、頭が上下動してダフっている人より、
手打ちが原因でダフっている人の方がはるかに多いです。

 

頭は動かないようにっていう意識を持って練習できますが、
手打ちは意識だけでは直らないのです。

 

「頭は動いていないのにダフるな〜!」と自分で感じた事はないですか?

 

もしあれば手打ちが原因になっていると思って、ほぼ間違いないでしょう。
逆に、手打ちが直ればダフリは自然と激減しますからね。

 

手打ちがダフリには大敵なのですが、手打ちといっても特に右手が強くなると、ダフリが多くなります。

 

コースでここ一番で絶対にミスしたくないという時に、慎重に行こうとして
右手で合わせてしまいダフるというのはよくミスになるケースです。

 

『手打ち改善練習法』を行う時は、まだ深く考えなくても大丈夫ですが、
長く重めの棒を振る時やクラブを振る時は、右手を使わない事を強く意識してみましょう。

 

左腕リードで、右手は使わない、この感覚をプラスしていけば、ダフリは本当に激減しますからね。

 

 

公式サイトを確認したい方は⇒ 谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム