谷将貴ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム ゴルフコラム■グリップ1■

 

 

スイングからではなく、「グリップ」から簡単で正しいスイングが生まれるのです。

 

もう一度、繰り返します。
スイングからではなく、「グリップ」から簡単で正しいスイングが生まれるのです。

 

谷将貴ゴルフシンプル理論では、
まず、どのような「グリップ」があなたのゴルフを簡単にしてくれるのでしょうか?

 

それは「ストロング・グリップ」です。

 

ストロング・グリップ

 

ショットの飛距離、正確性を求めるのなら、このグリップを参考にしてください。
最近の大型ヘッドにウイーク・グリップは大変不利ですからこのグリップをまねてください。

 

左右両手の親指の付け根のV字が
ぴったり右脇に向かって同じ方向に重なっていることが大事な点です。

 

今までグリップの基本的といえばスクエア・グリップでした。
そして、今でも練習機器で、正しいグリップの握り方のような
予めグリップの形が付いていてそれを握るだけで、
正しいグリップを覚えられるという練習用のグリップが市販されていますが、あれはいけません。

 

ちょっと昔のゴルフクラブは現在のものとはまったく違います。
昔のドライバーは、ヘッドが小ぶりの木製パーシモンでした。

 

そのため、リストターン(手首の返し)がどうしても必要で、
そのためリストを返しやすいスクエア・グリップが主流だったのです。
ところが、現在のクラブは、大型ヘッドで、シャフトも昔とはまったく違うカーボンになっています。

 

ここで、強調しなくてはいけないことは、現在の進化が著しい大型ヘッドのための「グリップ」は、
是非、ストロング・グリップ( フックグリップ) にしていただきたいということです。

 

そして、右手と左手両方の親指の付け根のVの字が、必ず右脇を指すようにすること。
そして、セットアップしたときに右肩をさげないことです。

 

谷将貴のゴルフシンプル理論では、
「グリップ」はまず、ここから始めてください。

 

そして、特に熟年ゴルファーの多くに見られますが、以前、教えられたスクエア・グリップを
この際、より簡単な今のクラブに適合している「ストロング・グリップ」にしてください。
このほうが、ダウンスイングで手、腕が暴れなくていいのです。
つまり、無駄な動き、無意味な動きを消せるからです。

 

 

 

公式サイトを確認したい方は⇒ 谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム